アンプルールの日焼け止め美容液は高SPF値なのに肌への負担が優しい!新発想のラグジュアリーホワイト WプロテクトUVプラスの成分特徴

アンプルールきっての日焼け止め美容液のラグジュアリーホワイトWプロテクトUVプラス
「SPF50+/PA++++」 という高SPF値で肌を紫外線で守り、なおかつ肌へのストレスフリーを両立させた画期的な日焼け止めとして話題に挙がることもチラホラある本商品。
高SPF値の日焼け止めは使用中の不快感や刺激がイヤで使えないという人にも支持されているコスメです。

ここでは、そんなアンプルールの日焼け止め美容液・ラグジュアリーホワイトWプロテクトUVプラスの成分・効果・使い方や一般の日焼け止めとの違いについても解説していきたいと思います。
(WプロテクトUVプラスの口コミ・評判の詳細はこちらのページでまとめています↓)
>>アンプルールの日焼け止め美容液 ラグジュアリーホワイト WプロテクトUVプラスの口コミ 抜群の評判の良さには一体どんな秘密が!?

アンプルール ラグジュアリーホワイト WプロテクトUVプラスとは?

アンプルール 日焼け止め

アンプルール・ラグジュアリーホワイトWプロテクトUVプラスとは、アンプルールが販売する日焼け止め美容液です。
日焼け止め美容液という名前の通り、日焼け止めなのに美容液成分も配合しています。
アンプルールの日焼け止め美容液を使えば、潤いをもたらす美容成分により使い心地が良く、日焼け止めをつけている間も気持ちの良い感覚を保持できるという特徴が本商品のウリでもあるのです。

また、日焼け止め効果としては、国内最高基準である「SPF50+/PA++++」を維持できるのがポイントです。
365日使っても肌に優しく嬉しい美容成分も摂取でき、なおかつ紫外線・ブルーライトも最高基準でカットできるという、いいとこ取りの性能が従来の日焼け止めと比較して一線を画している商品です。

アンプルール ラグジュアリーホワイト WプロテクトUVプラスの成分

アンプルール ラグジュアリーホワイト WプロテクトUV

アンプルール ラグジュアリーホワイト WプロテクトUVプラスでは、シルクタンパク誘導体の中に紫外線カット剤を配合しています。
上の図のように肌の表面にコーティングするような状態になるため、紫外線カット材の強い刺激で肌にダメージを与えることなく、UV-A・UV-B両方の強い紫外線の光に対して効力を発揮してくれるという仕組みです。

また、近頃は紫外線だけではなくブルーライトや大気汚染による肌の老化現象も重要視されています。
アンプルールの日焼け止め美容液はこれらの環境ストレス対策もカバー。
環境ストレスに対処するために以下のようなバリア機能を持つ成分を配合しています。

・リペア-D・・・プランクトンエキス
傷ついたDNAの修復をサポートしてくれる成分です。

・APバリア・・・エルゴチオネイン・ワサビノキ種子エキス
優れた抗酸化力を持つエルゴチオネインと、大気汚染物質が肌に付着するのをブロックするワサビノキ種子エキスNEWが外部ストレスから肌を守ります。

・ブルーライトカット・・・ルテイン
マリーゴールド由来の植物より抽出。ブルーライト・紫外線といった有害な光から肌を守ってくれます。

紫外線予防
紫外線の悪影響をブロックするUVカットは昔からありますが、実はブルーライトも肌の皮下組織の下まで届きます。色素沈着、つまりはシミやくすみの原因となるので、出来ればブルーライトも毎日対策しておきたいところです。

アンプルールの日焼け止め美容液は、つけて嬉しいリッチなトリートメント成分も配合

アンプルール 日焼け止め 成分

アンプルールの日焼け止め美容液・ラグジュアリーホワイト WプロテクトUVプラスは、使えば使うほどうれしい美容液レベルのスキンケア成分を厳選し、惜しみなく配合しています。

・乾燥ケア成分・・・モイストバリアコンプレックス
保湿成分により肌のバリア機能を強化。肌に潤いのある状態を維持します。

・ハリケア成分・・・浸透型コラーゲン・プラセンタエキス
肌の内部から働きかけ、内側からふっくら柔らかな肌へと導く成分です。

ブライトニング成分・・・メマツヨイグサ種子エキス
肌が本来持つ明るい透明感のある状態を引き出します。

アンプルール ラグジュアリーホワイト WプロテクトUVプラスの全成分表示

水、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、BG、メタクリル酸メチルクロスポリマー、シクロペンタシロキサン、エタノール、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン、ポリシリコーン-14、イソノナン酸イソトリデシル、イソステアリン酸PEG-8グリセリル、ラウレス-9、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、スクワラン、AMP、ポリソルベート60、トコフェロール、グリチルレチン酸ステアリル、マンニトール、加水分解コラーゲン、プラセンタエキス、ワサビノキ種子エキス、グリセリン、ポリクオタニウム-51、キサントフィル、ゲンチアナ根エキス、メマツヨイグサ種子エキス、レシチン、クズ根エキス、セラミドNG、クロレラエキス、アルギニン、アロエベラ葉エキス、プランクトンエキス、ダイズステロール、水添レシチン、サフラワー油、エルゴチオネイン、フェノキシエタノール、香料

商品の改良等により、成分や表示内容が一部変更になる場合があります。実際の成分は商品の表示をご確認ください。

アンプルール ラグジュアリーホワイト WプロテクトUVプラスの使い方(動画)

・使い方
1日1回、朝に使用します。
スキンケアの最後に使用します。
パール粒2つ分程度の適量を手に取り、顔全体にムラなく伸ばして塗り込んでください。
首や手の甲などにも毎日使用してください。

・化粧下地と併用する場合の使用タイミング
スキンケア後にWプロテクトUVプラスを使用します。
その後、化粧下地⇒BBクリームの順番で使用してください。
また、WプロテクトUVプラスは化粧下地としても使用できます。

他社メーカーの日焼け止めとWプロテクトUVプラスとの違いを比較

アンプルール 日焼け止め 効果

通常、日焼け止めは肌にマイナスな成分も入っていて、毎日塗るのは控えた方が良いというイメージがあります。
それら通常の日焼け止めと比較して、アンプルールの日焼け止め美容液・WプロテクトUVプラスは、毎日使えるというよりも、毎日使った方がより肌に優しい美容液という側面も持っているのが最大の違いです。

日本国内では最高の紫外線カット能力の基準に入るアンプルールの日焼け止め美容液ですが、これまで解説してきましたように、紫外線カット剤は肌の外側でコーティングされ、内側には入ってこないような仕組みになっています。
そのため、日焼け止め成分がもたらす肌への悪影響を考慮しなくても済みます。

紫外線は冬でも夏でも変わらず一年中太陽から放射されているエネルギーで、日差しが弱い日でも着実に肌へのダメージは蓄積されていきます。
「シミ・そばかすやシワ・乾燥など、肌の老化現象を防ぐためにも毎日日焼けに対抗する術が欲しい!」
アンプルールの日焼け止め美容液・ラグジュアリーホワイトWプロテクトUVプラスはそんな人には最もおすすめな商品でしょう。

アンプルール 日焼け止め

一方、ラグジュアリーホワイトWプロテクトUVプラスはウォータープルーフ処方された日焼け止めではありません。
多少の汗や水の影響であれば問題ありませんが、タオルなどで擦ると紫外線防止効果が弱くなるデメリットがあります。
海の中に入って遊ぶなど、ウォータープルーフ処方が必要な場合は、専門の日焼け止めを購入した方が良いでしょう。

アンプルールの日焼け止め美容液WプロテクトUVプラスの成分・内容まとめ

アンプルール 日焼け止め

アンプルールの日焼け止め美容液・ラグジュアリーホワイトWプロテクトUVプラスは、毎日使用することで肌へのダメージを軽減し、なおかつお肌の美容にも気を遣える優しい日焼け止めです。
もし、あなたが日焼け止め特有の体に悪そうな成分、刺激の強そうな成分が嫌いで、身体に毎日塗っても大丈夫な商品を探しているなら、ラグジュアリーホワイトWプロテクトUVプラスは有力候補となるのではないでしょうか?

(WプロテクトUVプラスの口コミ・評判の詳細はこちらのページでまとめています↓)
>>アンプルールの日焼け止め美容液 ラグジュアリーホワイト WプロテクトUVプラスの口コミ 抜群の評判の良さには一体どんな秘密が!?